リフォーム、家屋解体、外構工事について

REFORM KNOWLDGE

リフォーム

reform

リフォームとは建築物に行われる改修、改築、維持工事等である。
この方法は1から新しいものを作るといった方法ではなく、既存の建築物に対して行う方法である。
そのため、一般的には新築と比べるとその費用は低くなっているものである。
しかし中にはリフォームの方法により、それ以上の費用がかかる場合もある。

またこのリフォームは大きく分けると2つの種類に分類する事が可能である。
1つは建築物を増築するといった方法である。
もう1つは建築物の住空間等の内装に行われる方法である。

またこのリフォームといった呼び名は、英語ではなく和製英語である。

増加

リフォームを行う人口は近年増加の傾向でもある。
その理由とはは大きく分けると3つに分類する事が可能である。
3つの理由とは、「景気の低迷」「高齢化社会」「地震対策」である。

例えば景気の低迷により、近年では家の建て替えや買い替えといった事も減少しつつある。
家を新たに購入する、建て替えるといった方法よりも比較的費用が安いリフォームを選ぶ時代である。
また阪神大震災や東北地方太平洋沖地震等の影響により、耐震を目的としたリフォームも増加しているのである。

適正年数

tekiseinensuu

リフォームを行うには適正年数といったものがある。
リフォームの適正年数とはその場所やそのタイプによっても異なってくるものである。
例えば屋根に行うリフォームは50年前後必要が無いものもあれば、10年前後で必要となるものもある。
10年前後でリフォームが必要な屋根としては、「ストレート瓦」といった屋根がその一つである。

また壁紙の貼替えは5年から15年といった適正年数に対し、ユニットバスのリフォームは20年から30年となっている。
このようにリフォームの適正年数は一定のものではなく、場所や使用されている素材等により様々なのである。

News/ニュース

2013/10/15
家屋解体を更新しました
2014/01/30
耐震工事を更新しました
2014/02/14
外壁塗装を更新しました
2013/10/15
外構工事を更新しました
2014/01/16
防水工事を更新しました